読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「首折り男のための協奏曲」 読書感想文

「首折り男のための協奏曲」伊坂幸太郎 読了しました!! 首折り男って、てっきり「マリアビートル」の七尾のことかと思ってたけど違うんですね笑 七尾くんもあの小説の中でポッキポキと人の首を折ってました あんな性格だけど結局一番人を殺してたような… …

「嘘」明野照葉  読書感想文

「嘘」明野照葉読了しましたー 優しかった姉が、一人旅の後に別人のように冷たくなり狂人のような振る舞いまで…どうして? というお話です 身近な人間がこんな風に豹変したらただ戸惑っちゃうな 読んでる途中でなんとなくオチがわかるのがちょっと残念 と言…

「一八八八 切り裂きジャック」 読書感想文

「一八八八 切り裂きジャック」服部まゆみ 読み終わりました! 以前読んだ「この闇と光」が本当に素晴らしかったので同じ作者さんのこの小説を手に取りました 文庫版で769ページの大ボリュームの作品でした… 連休を利用して、読み進めて、眠くなったら寝る、…

火星に住むつもりかい?  読書感想文

「火星に住むつもりかい?」伊坂幸太郎著 を読みました! 6時間くらいかけて一気読みです なんだかとっても感想を書きづらい作品です… 陳腐な表現であまり使いたくないのですが、考えさせられる作品です 「あの、正義ってなんでしょう?」 帯にも書いてある…

臆病は伝染する、そして勇気も伝染する

伊坂幸太郎の「PK」を読みました! いくつかの異なるエピソードが少しずつ繋がって結末に向かっていくという、とても伊坂幸太郎らしい作品でした 「モダンタイムズ」+「フィッシュストーリー」みたいな読後感ですね 「世の中に存在する流れ」というようなワ…

闇と光の神 アブラクサス

服部まゆみさんの「この闇と光」を読みましたTwitterでフォローしている方がこの作品を絶賛していて、何も知らない状態で読んで欲しい、と言っていたので、背表紙のあらすじすら目を通さずに読み始めました 主役はレイア、別荘に囲われている盲目のお姫様 中…

読書感想文「砂漠」

伊坂幸太郎、「砂漠」を読了しました 結論から言うと本当に良い小説でした!!!! まさに青春ですよね 友達がいて、彼女がいて、ちょっとした事件も起こって、少しづつ時間が流れていく 彼らの中に自分も混ざりたいなって思いました どのキャラも魅力的なの…

読書感想文 「死神の浮力」

伊坂幸太郎の死神の浮力を読了しました この作品は「死神の精度」の続編に当たる作品で、死神の千葉が主人公のお話です 開始から数ページで既に引き込まれてしまうのはさすがの伊坂幸太郎 最初の状況設定がとても上手い作家さんだなと思います 「モダンタイ…

読書感想文 「何様ですか?」

帯に書いてあった、ブラックどんでん返し、という宣伝文句を見て本屋さんで衝動買いしました 「何様ですか?」 なんというか・・・ 最初の1ページ目から最後のページまで終始イライラして不愉快な気分になる作品でした このイライラさせるのも狙いなのかな…